【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 読書-小説など
CATEGORY ≫ 読書-小説など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書 264-272

  

  

このシリーズ、買ってはあったのですが、持ってるだけで満足しちゃってました。
『女王と海賊』が強くて豪快で格好良くて、彼ら夫婦の復活が読めて大満足!



  

シリーズは更に続くのですが、ちょっと路線が変わりつつあるので、女王様と海賊がらみで面白そうなのだけを読みました。荒くれ夫婦、円満(?)でラブラブでカッコいいです。


読書 258-263

  

【たまゆら】
「骨が疼くほど」の強い想い。あさのセンセの小説の中でも、こういうダークな作品が好きです。


【御師 弥五郎】
御師とは、お伊勢参りの総合案内をする役目だそうです。今まで読んだ西條センセの作品に比べて、読後の感想があまり残ってないのはなぜだ?

【誰か】
宮部センセの本だから外れないだろうと思ってたのですが、これはどうにもこうにも相性が悪かったです。ちっともスッキリせず終わりました。



  

【妖怪アパートの幽雅な人々】
最初の数ページに,
粘土細工の妖怪アパートが載っているのですが、それはそれは良く出来ていて可愛らしく、その数ページ見ただけで貸し出しカウンターに直行でした。「彼ら」のその後もショートストーリーで書かれてて嬉しい♪


【わらしべ長者、あるいは恋 清談 佛々堂先生】
【清談 佛々堂先生】
すばらしい!のめりこんでページを繰る本は久しぶりでした。数寄者、佛々堂先生が凝らす「和」の趣向がたまりません。情景が浮かぶ文章にクラクラしました。ジルままさん、この二冊おススメします!

読書 246-257


読んだー



   

【わたしのマトカ】
映画のかもめ食堂を撮影時の片桐女史のフィンランドライフ。こんな風にその国に入り込みたいもんです。

【グアテマラの弟】
はいり女史も凄いけど、弟さん更に凄いです。身内にこんな人いたら吃驚だなぁ。

【外事警察】
NHKでやったドラマが良かったので読みましたが、ドラマが強烈すぎてチョッと物足りなかったかな。



    

【無伴奏】
シリーズ物だったんですね。良かったので一作目から読もうと思います。

【善人長屋】
西條奈加さんの人情時代物は本当にハズレが無いなぁ。



   


【愛しの座敷わらし】
ほのぼのしました。水谷豊主演で映画化です。レンタル始まったら観てみよっと。

【スカーレットウィザード外伝】
一番好きなSF小説のシリーズ外伝です。本編5冊も再び読み返しました。
アニメ化したら、さぞ面白いと思うんだけどなぁ~

読書 245



【冥談】

短編集ですが、どの話しもみんな怖かったー!
夜中のトイレに引き篭もって読むと怖さ倍増でした。
ワタクシも子供の頃に、説明のつかないような恐怖体験しているもんで、
色々想像が膨らんでしまい、本当にゾクッとしました。でも止められない。

読書 233-244


記録してなかった読了記録。






【深泥丘奇談・続】全編に漂うユルユルした雰囲気が大好きです。
【かがみのもり】学生さん向けでした。
【黄金坂ハーフウェイズ】人間誰しも心の奥底には意外な部分があるぞと。





【サヴァイヴ】自転車ロードレースに挑む人間の心が丁寧に描かれていて引込まれます
【無花果の実のなるころに】気風のいいお婆ちゃんがナイス。
【春を背負って】山に登りたくなりました。森の中を歩きたいです。





【叫びと祈り】砂漠を走る船の道という話しが印象的。
【トッカンvs勤労商工会】二作目も勢いがありました。ぜひドラマ化を!
【ダンナ様はFBI】ダンナが元FBIだったら大変だコリャ。





【七人の鬼ごっこ】ちっとも怖くなかったので残念。
【生霊の如き重なるもの】もっとゾクッとする怖さが欲しかった。
【ロマンス】話しは悪くないと思うんですが、これだと装丁買いはしませんな。

読書 230-232

 

幕末、新撰組、どうもこの辺りの時代物が苦手な時期があったのですが、
司馬 遼太郎氏の新選組血風録を読んでから興味がわき始め、
マンガで鍛えられ、すっかり 『手に取るアイテム』 になっております。
三番隊長・斎藤一によって語られる維新の真実。浅田節がぐいぐい唸ります。
上下二冊、読み応えのある重量ですが、Myベストな本が増えました。





三作目となるシリーズですが、ワタクシはこの回が一番分かりやすく読めました。
TVドラマにもなったので、つい人間像重ねちゃいますけどね。
空港警備が軸なこのシリーズ、身近にない世界なのでより興味津々です。
先日成田空港でウロウロした時も、どっかで見られてる?なんて思いつつ徘徊してました。
空港に遊びに行きたーい!!!




読書219-229


110629-01.jpg


もう最初の一冊を購入したのがいつだったか忘れちゃいましたが、
ようやく全部一気に読みきりました。

三作目の 『肉迫』 の途中まで読んでは別の本に手を出し中断を繰り返し、
これじゃいかーん!と、今回は図書館に行くのを我慢してシリーズ読了。

渋いですよねぇ、、、こりゃまいった。
丁度半分くらいまで読んでいる時に、舞台となるN市に行く機会があり、
ほほぅ~と思いつつキョロキョロしてまいりました。



  ここから始まる・・・



ブラディドールの物語が途中からリンクするシリーズも出ているそうな。
きっとそっちも揃えてしまうと思われますー。


読書204-218

記録サボってた間に読みためた分の15冊+1冊。忘れないうちにドドンとね。





●龍の寺の晒し首
物語の場所が今住んでる県だけに、あぁアノ辺ねなどと思いつつ読みました。
まさか自身の住んでる場所の地名まで出てくるとはね。

●虹色の皿
【密林】でのカスタマーレビューはけっこう良いんだけど、そんな良いかなぁ?

●古道具屋 皆塵堂
ほんのり怪談。判明する事情は切ないけれど、爽やかにラストを向かえます。





●ホテルパラダイス銀河
相変わらず登場人物がみんなブッ飛んでて面白い。パンダが、パンダがっ!

●雪姫(ゆき)―遠野おしらさま迷宮
やっぱり、いつか行きたい遠野。

●扉守
とても上質な透明感漂うファンタジー。満月の日の夜の薄闇なんかで読んだら、
より、お話しの雰囲気が楽しめる気がします。





●もののけ物語
凄いな、この著者!毎日がこんな風にオカルトだったらどうしよう。
でも幽霊はチョと怖い。妖怪ならチョと大丈夫。

●われら濁流を遡る
このシリーズにしては珍しく婦女子が中心に話が進みます。
まぁ、変わらず男臭の濃い淡々とした話ですが、ワタクシは好きです。

●ぬばたま
山奥で濃い緑に囲まれていると、何かしらの気配と恐怖を感じる時があります。
今年は、川原に一人で残るのはチョッとご遠慮したいと思いました。




●深泥丘奇談
不思議な話でした。くにゃりと歪んでいるような、酩酊しているような、
ともかく不思議な話ですが大好きです。続が出たので読まなきゃ。

●影法師
武士の己の人生を犠牲にしてまで貫き通した友情の話。泣けるっ。

●宵山万華鏡
可愛らしくて不可思議で切なくて怖くて、本当に、京都の夜は
万華鏡の模様のように繋がって広がっていくのかもしれませんね。




●メサイア 警備局特別公安五係
話的にはチョと盛り上がりに欠けるような気がしたのですが、実写映画化が
決まったようですね。どんな風にドラマチックに変貌するのでしょか?

●こいわらい
キャラ濃いわ~。時代物のアニメ見てるみたいで一気に読めました。爽快。

●写楽 閉じた国の幻
じっくり考えながら読みました。諸説色々ありますが、こういう考え方もありですね。
話は続くようなので、それも楽しみです。


読書202-203



文庫本にしては厚い本でして、お風呂で汗ダラダラたらしながら読み切りました。一体何日掛かって読了したのやら。20年前に発行された本らしく、全体が一昔前の世情や風俗や言い回しに満ちてます。内容は更に戦中戦後まで遡るので、難しさに挫折しそうになりながら踏ん張って読みきりました。正直くたびれたー





まぁ、サクッと読めました。たくましい女性が出てくるのは、この作者ならではですね。続くシリーズなのかな?

読書193-201

読みためております。


    


    


      



良かったのは、【きつねのはなし】と【鏡の偽乙女】
妖しい内容の本が最近大好き!

【猿ぐつわがはずれた日】
これは、著者がもたいまさこ女史だもの外すはずがない!
以外や以外にアクティブな人で吃驚。

読んでいてパンが食べたくなる【うさぎパン】
こそばゆくなるような青春レンアイ模様にエヘヘ~

【燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿】
1994年に始まった建築探偵のシリーズが完結しました。新刊出る度に買い求めて来たのに、引越しのドサクサでうっかり売り飛ばしてしまったのが悔やまれます。完結して本当に良かった。それなりに納得の行く終わり方でした。スピンオフやら文庫化やら色々出ているので、ぼちぼち揃え直そうかと思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。