【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書 334TOP読書-小説など ≫ 読書 334

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書 334


ひっさびさに本の記録。

ここのとこ、自宅本棚に貯蔵したままになっていた文庫本を読んでます。
買ったのに読まないまま、棚の肥やしになっている古本達。

30円だの50円だの、爆安で文庫本売ってるネットの古本屋見つけて、
気が狂ったかの様にポチポチしてしまった代物達。

その中の一冊。60円だったかな。


140603-02.jpg

いやはや、世界は凄い


本で読んでる分には「ひょえぇぇ~!」と魂消てるだけで済みますが、
社会主義国家を旅する事は、ワタクシには出来ないなぁと思いました。
何ヶ所も驚き、何ヶ所もニヤついて、お腹一杯になる一冊。

背後のカイヤがめっちゃ可愛い♪ むふん

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。