【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書202-203TOP読書-小説など ≫ 読書202-203

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書202-203



文庫本にしては厚い本でして、お風呂で汗ダラダラたらしながら読み切りました。一体何日掛かって読了したのやら。20年前に発行された本らしく、全体が一昔前の世情や風俗や言い回しに満ちてます。内容は更に戦中戦後まで遡るので、難しさに挫折しそうになりながら踏ん張って読みきりました。正直くたびれたー





まぁ、サクッと読めました。たくましい女性が出てくるのは、この作者ならではですね。続くシリーズなのかな?

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。