【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書172-174TOP読書-小説など ≫ 読書172-174

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書172-174





【わたしの旅に何をする。】

旅がしたくてサラリーマン止めちゃった著者。とても面白い文章なのですが、どうにもこうにも読むと眠くなってしまい、読了までに時間が掛かりました。しかしまぁ、世界には風習やホテルやら、ワイルドな地域がいっぱいあるもんです。インドや東南アジア、見てみたい場所はあれども、きっと行けないだろうなー。本で読んでクスリ♪と笑うに限ります。根性なしですから。





【送り人の娘】

自分の死に戸惑う魂を黄泉の入り口まで導くのが送り人の役目。和のファンタジーでした。ファンタジー好きの中高生にはたまらない作品じゃないかな。





【求愛】

親友の死という事件をきっかけに探偵事務所で調査員として働く事になる女性が主人公。全体を通して流れるのは人の心の裏側であり、明るい内容ではありませんが、それでも最後に次の一歩を踏み出す主人公の姿が清々しくて良かったです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。