【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書141-147TOP読書-小説など ≫ 読書141-147

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書141-147

 

【麻布怪談】
爽やかで大人仕様の怪談でした。とっぴな設定だけど女性陣が粋!

【星間商事株式会社社史編纂室】
しをん女史のエンジン全開です。笑ったー♪



 

【寂しい写楽】
くたびれた・・・久々に最後まで読まずに止めようかと思った

【水魑の如き沈むもの】
今回は背筋がゾゾッとする場面に出会わなかったのですよ。夜中一人でトイレに行けなくなるような文章が出てくるのを期待してるんだけどな~。ホラー麻痺してきたか?



 

【震度0】
緻密で複雑な設定に何度も前を引っくり返しながら読み、最後にそう来たか!で吃驚。警察も大変だー。DVD借りてみる事にケテーイ

【三匹のおっさん】
文句無く二重丸♪おっさんが影のヒーローになる痛快活劇なんだけど、全てが単にめでたしめでたし♪で終わらないトコが共感度大です。イラストもイイなぁ♪





【夜のだれかの玩具箱】
酩酊感が漂う感じ。最後はホッとしました。






この中では【三匹のおっさん】がシリーズ化してくれたら楽しいかなと思います。
二時間ドラマで映像化も出来そうな気がする~。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。