【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書116・117-故郷に降る雨の声 上・下TOP読書-小説など ≫ 読書116・117-故郷に降る雨の声 上・下

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書116・117-故郷に降る雨の声 上・下

 

【故郷に降る雨の声 上・下】 駒崎優


おじさん密度の濃いこのシリーズですが、今回も延々とおじさんばかり。女性登場人物は1人だったかな?

報酬金で雇われ、正規軍の兵では困難な戦場に向かう傭兵隊。今回の依頼は行き先も依頼主も分からないまま。どうしても話してくれない案内人ですが、促されるまま仕方なく向かった先、そこはよりによって敵国の山中でした。色々な伏線が捜索するので最後まで飽きさせません。シリーズ最初に出てきた『先生』も登場します。最後は悲しい結末ですが、黄金色の麦畑が見えて来る様な気がしました。

白い狼エルディルは今回もイイ味出してます♪




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。