【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-115 落下する花-月読TOP読書-小説など ≫ 読書-115 落下する花-月読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-115 落下する花-月読



【落下する花】 太田忠司


前作『月読』が良かったので、図書館入荷後すぐに借りました。
やっぱこちらも良かったです。
前作よりも朔夜さんが明るく身近に感じられました。

人が死んだら最後の想いを残す形が月導。
残された人達が月導から故人の想いをどう理解していくのか、
朔夜さんの優しさが沁みる一冊です。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。