【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-101 厭魅(まじもの)の如き憑くものTOP読書-小説など ≫ 読書-101 厭魅(まじもの)の如き憑くもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-101 厭魅(まじもの)の如き憑くもの




【厭魅(まじもの)の如き憑くもの】 三津田信三


ミステリーとホラーの「刀城言耶」シリーズ、第一作目。
この横溝チックさ加減がたまりません。三作目から読み始めたので、恐ろしさに慣れて来たのか、これは左程ゾクゾクせずに読めました。
文庫になって、村の地図が記載されたようです。地図見ながら読む方が、断然リアルで想像が膨らみます。
真夜中に読み終わって、ふと見上げた先のドアが少ーし開いていたりすると怖さ倍増ですよ~

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。