【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-100 造花の蜜TOP読書-小説など ≫ 読書-100 造花の蜜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-100 造花の蜜




【造花の蜜】 連城三紀彦


幼稚園から連れ去られた息子。その誘拐事件は単なる誘拐事件ではなく、裏があり、そして更に裏がありと、真相に辿り着くまでには二転三転します。
タイミング良過ぎる話ではありますが、読み進めるのは苦になりませんでした。最後の最後で起きる出来事にどうも理解が付いていかずで、読後感は今ひとつ。


余談

祝100冊目♪

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。