【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-96 天神のとなりTOP読書-小説など ≫ 読書-96 天神のとなり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-96 天神のとなり





【天神のとなり】 五條瑛



ワケありの元大学准教授・鏑木。今では若頭白樺の手駒となり、
無理難題の調査を命じられては危ない橋を渡り続ける生活。
ヤクザの一歩手前まで落ちた己を自覚しつつも、ぎりぎりのラインで何とかもがき続ける日々。

柴田よしき著の花咲慎一郎シリーズと設定が重なりますが、
こちらのヤクザの方がちょっと大変そうかな。すごい盛り上がりはありませんが、
最後まで飽きる事無く読めました。シリーズ化期待。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。