【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-85 黒百合TOP読書-小説など ≫ 読書-85 黒百合

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-85 黒百合




【黒百合】 多島斗志之


昭和27年、六甲山の別荘に招かれた少年が地元の少年・少女と三人で過ごす夏の語。
三人の子供達だけでなく、他登場人物の関係も絡まったり解れたりしつつ、
8ミリフィルムを見ているかのような夏が繰り広げられます。
読んでいて透明な感じのする心地よい話しでした。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。