【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-60 謎の転倒犬TOP読書-小説など ≫ 読書-60 謎の転倒犬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-60 謎の転倒犬




【謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞】 柴田よしき


当たると評判の、財界人から女子校生まで引っぱりだこの女占い師ユーレ、
その右腕で経理から護衛までを一手にこなすスーパーサブのウサギちゃん、
でもって就職難の波に飲み込まれ運に見放された感のある石狩君(トカチ君)

占いの館と言っても魔泉洞は株式会社で、女王様な女占い師は代表取締役社長。
魔泉洞で雇われる事になったトカチ君は、いつもやり込められっぱなしです。
オネエ言葉で話すウサギちゃんは経営をバリバリこなし、腕っ節は滅法強く、
魅力溢れる年齢不詳の上司。でもケチんぼ。

笑っちゃう設定ですが、気持ちイイくらい自分勝手な上司で面白いです。
翻弄されるトカチ君が情けなくてヨロシ。続編を期待したいトコ。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。