【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-46 封印の娘TOP読書-小説など ≫ 読書-46 封印の娘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-46 封印の娘




【封印の娘】 香月 日輪


大江戸妖怪かわら版シリーズその3です。
妖怪たちが普通に生活する大江戸「っぽい町」
そこでかわら版屋として奮闘する雀。
今回のお話はちょっと解り難かったかな・・・

香月センセの本は児童書コーナーにあるので、チビッコを差し置き
借りるのに申し訳ありませんねぇ~とは思うのですが、
大人になっちゃうと恥かしくて口に出して言えないような、
熱いぜ!な想いが今更のように沁みるもんで止められません。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。