【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-36 首無の如き祟るものTOP読書-小説など ≫ 読書-36 首無の如き祟るもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-36 首無の如き祟るもの




【首無の如き祟るもの】 三津田信三


このミステリーが凄い!で良い批評がされておりましてね、
どうかなぁと思いつつ読んだのですが、うんうん、評価通り面白かったです。
犬神家の一族みたいな感じです。古いしきたりに振り回される一族と、
連続殺人事件。しかも皆怪死。漂う土俗的な香りが民俗学好きには心地良いかと。
ラストの解決が始まると、あーそうかそうか!の連続でこれまた後味スッキリ。
前二作の評価が「訳分からん」だったのですが、チャレンジしてみようかと
ちょいと考え中。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。