【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 読書-29 邪魅の雫TOP読書-小説など ≫ 読書-29 邪魅の雫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書-29 邪魅の雫



【邪魅の雫】 京極夏彦


読む為に両手で開いているのが苦痛になるくらい、相変わらずの厚み。
が、内容は今までで一番理解しながら読めた気がしました。
人物相関も年中本を引っくり返さなくても理解出来たし。
榎さんの恋愛?えぇ~?と思ったけど、最後は非常にらしく終了。
漢和辞典を手に読んだ本もこれまた久しぶりです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

-
管理人の承認後に表示されます
2008年05月25日(Sun) 17:29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。