【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2016年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2016年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年02月
ARCHIVE ≫ 2016年02月
      

≪ 前月 |  2016年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書 338



160205.jpg

和歌の読み方がもっと理解出来ていれば、
何倍も楽しく読めたに違いない・・・
それでも一気に読ませてしまうのはさすが。

古い本なので、図書館の倉庫から引っ張り出して来てもらいました。
表紙裏に、紙の貸し出しカードが貼り付けられていて、懐かしさ倍増。

町の図書館の本には無かったと思うのですが、
学校の図書館の本には、借りた人の名前が列記されてる紙が貼り付いてて、
『あ!この人また同じ本借りてる!』 とか、
同じ嗜好の見知らぬ人に親近感湧いたりしたもんです。
My貸し出し板とかありましたね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。