【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2012年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年03月
ARCHIVE ≫ 2012年03月
      

≪ 前月 |  2012年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル


あー、おもしろかった♪





あっちこっちに小ネタが仕込まれているので、一時停止しながら笑ってしまった。
バンサンケツマ、バンサンケツマ、、、耳から離れない!!!


スポンサーサイト

読書 264-272

  

  

このシリーズ、買ってはあったのですが、持ってるだけで満足しちゃってました。
『女王と海賊』が強くて豪快で格好良くて、彼ら夫婦の復活が読めて大満足!



  

シリーズは更に続くのですが、ちょっと路線が変わりつつあるので、女王様と海賊がらみで面白そうなのだけを読みました。荒くれ夫婦、円満(?)でラブラブでカッコいいです。


読書 258-263

  

【たまゆら】
「骨が疼くほど」の強い想い。あさのセンセの小説の中でも、こういうダークな作品が好きです。


【御師 弥五郎】
御師とは、お伊勢参りの総合案内をする役目だそうです。今まで読んだ西條センセの作品に比べて、読後の感想があまり残ってないのはなぜだ?

【誰か】
宮部センセの本だから外れないだろうと思ってたのですが、これはどうにもこうにも相性が悪かったです。ちっともスッキリせず終わりました。



  

【妖怪アパートの幽雅な人々】
最初の数ページに,
粘土細工の妖怪アパートが載っているのですが、それはそれは良く出来ていて可愛らしく、その数ページ見ただけで貸し出しカウンターに直行でした。「彼ら」のその後もショートストーリーで書かれてて嬉しい♪


【わらしべ長者、あるいは恋 清談 佛々堂先生】
【清談 佛々堂先生】
すばらしい!のめりこんでページを繰る本は久しぶりでした。数寄者、佛々堂先生が凝らす「和」の趣向がたまりません。情景が浮かぶ文章にクラクラしました。ジルままさん、この二冊おススメします!

スケッチ中の風景



120316-01.jpg




トイカメラモードとやらで撮影。
50色セットの色えんぴつが欲しー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。