【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2011年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年09月
ARCHIVE ≫ 2011年09月
      

≪ 前月 |  2011年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

読書 230-232

 

幕末、新撰組、どうもこの辺りの時代物が苦手な時期があったのですが、
司馬 遼太郎氏の新選組血風録を読んでから興味がわき始め、
マンガで鍛えられ、すっかり 『手に取るアイテム』 になっております。
三番隊長・斎藤一によって語られる維新の真実。浅田節がぐいぐい唸ります。
上下二冊、読み応えのある重量ですが、Myベストな本が増えました。





三作目となるシリーズですが、ワタクシはこの回が一番分かりやすく読めました。
TVドラマにもなったので、つい人間像重ねちゃいますけどね。
空港警備が軸なこのシリーズ、身近にない世界なのでより興味津々です。
先日成田空港でウロウロした時も、どっかで見られてる?なんて思いつつ徘徊してました。
空港に遊びに行きたーい!!!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。