【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2010年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年08月
ARCHIVE ≫ 2010年08月
      

≪ 前月 |  2010年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

続いてますが減りません


NHK教育TVでやってたヨーガを録画しまして、
毎朝地味~に伸びたり縮んだりやってます。
ルイボスティーもゴクゴク飲んでます。
一向に痩せて来ませんが、どうしたもんでしょう。


体硬くて困ってたので、ま、しばらく続けて行きますけどね。



100826-01.jpg



●夏野菜のペペロンチーノ
●さばみりん干し
●冷奴ミョウガ乗せ
●玄米ごはん



料理用トマト大好きです。炒めたりして熱を加えると、
よりトマトが美味しく感じられます。ドライトマト作ろうかなー


スポンサーサイト

月一かじべえ

近所にお気に入りの旭川ラーメンのお店があります。
色々な食べ物屋さんが入れ替わった店舗だったので、
ラーメン屋さんの看板が出た時も、『どのくらいもつのかね?』と話してました。

無くなっちゃう前に一回行っておこうかと入ったら、これが我が家的に大ヒット。
以来お給料日に自分達へのご褒美がてら、月一かじべえと称して通っております。

毎回今度こそ写真を撮る!と思いながら行くのですが、
いざ出てくると食べるの真剣で撮り忘れ。ま、そのうちきっと。



●梅しそさっぱりつけ麺
●熟成醤油らーめん
●餃子



つけ麺まつりにつき、麺大盛りが無料♪
でもって餃子まつりも復活し、餃子無料券2枚頂きました。嬉しいなー。
店内ではかじべえ農園で採れた無農薬野菜がお安く売ってます。ただ今は玉ねぎ。
こちらも購入して、ゲリラ豪雨の中帰宅。今月も美味しかったです。

そうそう、待ってる間にスタッフプロフィール帳を見てみたら、
大将とワタクシ誕生日が同じでした。あら吃驚。


頂き物で乗り切る

実家の母から取りおいでーとの連絡があり、いそいそと車を走らせました。
給料日前夜でお財布はもう気持ち良いくらいスッカラカーン!
今夜はどうするべ?パスタだけ?とか思っていたのでね。



●揚げ鶏の中華和え
●舞茸の天ぷら
●鮭のチーズ焼き
●玄米ごはん


全部もらって来ちゃった。何とか乗り切れました。謝謝~


ゴボウは美味しいのですが

●餃子スープ
●ツナの玉子焼き
●ゴボウのきんぴら
●玄米ごはん





ゴボウが美味しいなーと思うようになって来ました。
でも加齢と共に歯肉が痩せて来たもんで、繊維たっぷりの野菜を食べると、
その後しばらく歯に挟まった繊維と格闘せねばなりません。
白髪ネギとかニラとかは確実にHIT。むきーっ!!!


刑事の現場




全編シリアスなのかと思いきやそうでもなくて、中々面白く見ました。
愛知県の所轄という設定が派手派手しくなくて良いんじゃないかな。
鑑識の現場というスピンオフドラマも収録されていてお得~♪
NHKのドラマは見応えありますね。


Viva タイカレー


サタデータイカレー!
あ、ナス入れ忘れてた。写真見てて今気が付いたー



100821-01.jpg



●タイカレー
●冷奴


今回のも辛く、うーんと辛く仕上がりました。
エビを『チャン』してみたんです。お昼時のテレビでやってたエビの下ごしらえ。
塩を入れてもんで、片栗粉少々入れたらまたもんで、
一度先に油通ししておくという一手間。
縮まないしぷりぷりになるし、がっちりエビの旨みを閉じ込めるし!

最近の我が家はカレーと言えば8割はタイカレーになってしまいました。



茶碗蒸しはデカ盛りで


本日の夜ご飯


●カツオのタタキ
●茶碗蒸し
●マーボー丼


我が家の茶碗蒸しは超特盛りとなっております。
二人揃って大好きだもんでねー。
色々実験した結果、ニンニクチップ&とけるチーズを入れるのに辿り着きました。
美味いんスー

早い時間にご飯食べ終わったので、久しぶりにO室公園を夜散歩。
すっかり夜が涼しくなりましたわね。夏もいよいよ終盤です。ふひー


辛味の加減が問題

こう暑いとガッと辛い物が食べたくなりませんか?

何時買ったのか分からない程ずーっと前からあるコチジャンのパック。
マーガリン一箱くらいの大きさで、味は美味しいのですが辛くて減らない。
でもね、辛いけど旨みと甘みの塩梅がジャストミートなんです。
スプーン一杯入れたら速攻中華になるのも嬉しいトコロ。
オイスターソースと共に、切らす事の出来ない調味料です。



100819-01.jpg by Mobile phone

やっぱ辛くなっちゃったー



●鶏腿肉のチリソース炒め
●ゴーヤの胡麻ミソ和え
●鶏皮とコンニャクの炒め物
●さんまの蒲焼缶詰
●玄米ご飯


サッと茹でたゴーヤは、練り胡麻と味噌とを合わせたタレで和えたのですが、
胡麻の風味が良くて、シャキシャキなゴーヤと合うこと!
食べきるかな?と思った丸ごと2本分あっさり完食しちゃいました。

そうだ、八角の在庫切らしてたんだ。買ってこなきゃー

野菜の高騰

しばらくニンジン食べてないなーと思ってました。
緑色の夏野菜か、真っ赤なトマトばかり見てた気がするので、
久しぶりに人参買おうかしらねと野菜売り場に行って吃驚。
なんじゃあの値段!!! 3本で250円ていったいなにー



●ナスとピーマンとオクラの炒め物
●鶏レバーの香味焼き
●冷奴ラー油乗せ
●玄米ご飯



レバー嫌いのワタクシがようやく食べられるようになった鶏レバー。
今回チョッと下味が薄くて、焼いても味がスットボケになってしまった。
やっぱレバーは少々濃い味の方が良いですね。

人参のキンピラ食べたいよー。やっぱ直売でイビツな奴買って来ようっと。


アジフライはなるべく油少量で

ダメねー
すっかり夕飯記録から遠のいてしまった。
ま、お盆休みや外食やらが重なっていたので、致し方無しと。



●アジのフライパンフライ
●蒸し鶏サラダ
●プチトマト
●玄米ご飯


そうそう、桃ラーではありませんが、
あれと同じような感じの食べるラー油、しかもデカ瓶サイズのを買ってみました。
生ニンニク使ってあるのも美味しかったけど、フライの方が好きかな。
八戸の朝市で試食させてもらったやつより辛くなく食べやすいです。
こりゃーつい沢山ご飯に乗っけちゃうのも分かるー
ここまでってラインを厳守して食べないとダメですね。



初めてのエールビール


地道に毎日各種クリックしていると、何やかんやで楽天のスーパーポイントが貯まります。犬関係の買い物もポイント10倍を狙ったりするので、気付くと今月使用期限のポイントがアッと言う間に500Pオーバー。あんまり小額だと使わずにポイ捨てしちゃったりしていたのですが、先月は一気に800ポイント近くまで貯まってたので、送料無料の品から【ほぼポイント買い】して楽しむ事にしました。






めったに飲めないビールを飲み比べながら楽しむ贅沢。むふ~♪



100806-01.jpg

それぞれ『違うっ!』と声が出てしまう美味しさでした。
200円くらいの持ち出しで楽しめるなら、また今月もセッセとポイント貯めるとしましょ♪
次回は日本酒にしよっかなー


おどろきのナスビ


叔母農園から頂いた愉快ナス



100805-01.jpg


双子だ!!!


読書165-166




【人間の証明 21st Century】

恥ずかしながら森村 誠一氏の作品は殆ど読んだ事がありません。「母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね?」てっきりこの場面が出てくる方だと思って読んだのですが、こちらでは無かったようです。とはいえこちらも、タイトルの【人間の証明】という言葉がズシリと響く本でした。改めて人間の証明の方も読んでみようと思います。





【先生と僕】

日常に潜む現代ならではの事件を、ちょっと頼りない大学生と、生意気だけどしっかり者の中学生が解決するお話。全てがハッピーに終わらないのがミソでしょうか。ワタクシ的には坂木氏の作品の中で一番フに落ちるお話だったような気がします。夢物語のような幸せいっぱいな話も楽しいですが、たまには 『現実はそういう物かもしれない』 と思うような、それでいて下向きにならないお話も良いのではないかなと思います。

ばーすでい手巻き寿司

本日はオトさんの誕生日でした。何回目なのかはシミツ♪

昼にお誕生日ご飯のリクエストは何かありますか?とメールしたら、
『お寿司とラーメン』 という返信が・・・昭和の少年ですか!!!


●手巻き寿司
●つけ麺
●キュウリのチリソース和え
●スイーツパン


ならばやってやろうじゃない!の勢いで寿司とラーメンにしてみました。
手巻き寿司の用意したの本当に久しぶり。甘い卵焼いたのも何年ぶりだろう?
最近の自宅つけ麺はスープもお店の味で素晴らしいですねぇ。
ケーキではなく、ゴージャス系のスイーツパンでおめでとう。
クルミクロッカンがめちゃ美味しいんですー


読書160-164



【南の子供が夜いくところ】

不思議なおとぎ話のような、浮遊感漂う大人の童話な感じです。ファンタジーホラーな作品ではありません。真夏のうだるような熱帯夜に読むと、思考がぐるぐるしてきそうです。





【閉ざされて】

ゴシックホラーと言うジャンルなのかな?途中から「ははぁーん、きっとそうだね」と分かってしまうのがチョッと残念。でも嫌いじゃない。





【ダンサー】

研究所で極秘に産まれた謎の生物が逃げ出し、何らかの意図を持って動き出す。どっかで読んだ?と思いつつ読み進めるうちに、ディーン・R. クーンツの【ウォッチャーズ】を思い出しちゃったんですよね~。あれが名作だっただけにワタクシ的にはチョッと物足りずでした。





【和菓子のアン】

上生菓子を買いに走りたくなりました!文中で語られる上生菓子の説明が辛抱堪らんという感じにさせられます。最後までほっこりした気分になる本でした。今日こそお店に行って夏の上生菓子買わなくちゃ。





【デパートへ行こう!】

夜の老舗デパートには誰も居ない・・・はずでしが、その日は様々な事情を抱えた人達が、真っ暗なフロアに残っていたのです。バラバラな意図で潜んでいた人々が、徐々に絡んでいく辺りはさすがの展開でした。ラスト数ページの活劇は眩しいばかりです。読んでいて涙が滲んだ本は久しぶりです。ドラマ化出来そうな気がするな~


読書154-159



【まほろ駅前番外地】

シリーズ2作目。少しだけ登場人物の謎が見えて来ます。相変わらずの便利屋さん二人組ですが、主人公二人はまだ奥が深そうな気配。





【閃光】

読み終わったと同時に映画のCMに遭遇しました。タイムリーで吃驚。三億円事件に絡む小説は色々ありますが、こういう形も有りなんですね。登場人物達がそれぞれ屈折してるのですが、最後はカラッと終われて、読了後は爽やかです。はたして映画はどんな感じなのか、ちょいと楽しみ。





【深川にゃんにゃん横丁】

この人の描く時代小説は普通の人々の暮らす江戸が見えてくるようで、切なかったり嬉しかったり、人間味があふれているので好きです。何気なく登場する猫の存在にホッとさせられました。





【ハートブレイク・レストラン】

不思議な事が起きるレストラン。訳アリの可愛らしいお婆ちゃんが謎を解決する手助けをしてくれます。謎にはそれぞれ人の想いが隠されていて、伝えたかった事が、相手を思う事で『不思議な事』になってしまう、そういうお話でした。





【私の家では何も起こらない】

話し全体が『ぐにゃり』と絡み合うような、なんともじっとりした本です。淡々と進んで来た文章が突然ホラーになったりして、夜中に一人で読むとゾクッとします。装丁ピッタリ!





【烏金】

債務整理に苦しむ現代の人々を彷彿とさせる時代小説でした。主人公は様々なアイディアで借金に苦しむ人々の手助けをしていきます。生活を立て直し気持ちを上に向かせ、とても気持ち良いストーリーでした。書評にも出てますが、表紙にどうも今一つ感があり手に取れませんでしたが、読んでみれば一気読みの面白さでした。



読書148-153



【Dカラーバケーション】

大好きシリーズ、インディゴの夜の最新刊。
春まで昼ドラでTV放送されてましたが、そちらも大好評だったようで、かく言うワタクシも毎日録画しながらハマっておりました。キャスティングが良くて、小説のイメージを倍に膨らませてくれるような、楽しいドラマでしたね。でもって待ってました!の新刊。登場人物が何だか今までよりリアルに感じられて、お楽しみ度が増した気がします。



  


【MOMENT】 【WILL】

連作となっているこの二冊。両方を順番に読むのをお勧めします。短編として単独でも楽しめますが、前作・本作それぞれの主人公立場の視点と想いの交差が楽しめます。WILLを読んで最後にホッとしつつ読了となりました。





【竜の涙 ばんざい屋の夜】

シリーズ二作目。京都おばんざいを提供するばんざい屋が舞台。優しい味の家庭のお惣菜と聞き上手の女将。こんなお店があったら会社の帰りにちょっと寄りたくなっちゃうだろうな。派手な事件が起きる訳ではありませんが、じんわりと来る本です。ばんざい屋の転機のその後を期待したいところです。





【天才たちの値段】

美術品ミステリー大好き分野なので、ちょっと奇抜な内容ですが、最後まで一気読みしました。決して文章量の多い本ではないけれど、内容はなかなか読み応えありです。





【園芸少年】

少年達がんばれー!土いじりして花を咲かせてみたくなる本です。


ゆずコショウの使い道

チューブのゆず胡椒を買ってはみたものの、どうも今ひとつ使い道が分からず、
そのまま冷蔵庫の中で放置プレーしておりました。

茄子とズッキーニで使ってみたら、意外と美味しかったです。
炒め物とかにもっと色々使ってみよう。



●刺身丼
●茄子とズッキーニの柚子胡椒炒め
●プチトマトのサラダ


久しぶりのピラフ

写真撮る間もなく食べきっちゃった・・・


●パキスタンピラフ


うーん、付け合せが何だったか思い出せない。勤め先の上司がパキスタンの方で、ただ今日本にいらしてます。市内にパキスタンの方が経営するカレー屋さんがあり、そこの裏メニューなピラフ。チキンとラムがありますが、ラムは結構個性的なお味。
パキスタンで収穫された一番良いお米を使ってこしらえているそうな。色々なスパイスがそれはもうガップリ四つに組んでおり、これはパキスタンの人じゃないと作れない味でしょう。ビリビリ辛いのですが止められない止まらないのです。ピラフは向こうのお米が入荷してない時は買えません。パキスタンカレーも安くて美味です。


一度だけ店舗に行ってみましたが、右を向いても左を向いても彫りの深い異国の方ばかりで、超絶ディープな雰囲気です。テイクアウトのカレーが出来上がるまでの間、隅っこの方で小さくなってました。けどまたチャレンジしてみるぞー!!!

野菜ごはん

100801-09.jpg


二日前の夜ご飯を思い出すのも必死です。
頭は使わないと、どんどん退化していきますね・・・
えらいこっちゃ。


●焼き茄子のナンプラーソース漬け
●にくじゃが
●トマトサラダ
●ズッキーニの味噌焼き
●玄米ご飯


夏野菜まつり~♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。