【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月
      

≪ 前月 |  2008年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

根性で立ち上がるのですよ



20080729-3.jpg




霜の朝がキレイに花を咲かせております。
花芽の立ち上がりもニョロリとした感じでしたが、
花部分は更にグニャリと回転して伸び上がってまいりました。
どうしたいのだ、君は?



どうしたいのだ?と言えばこちらも意味不明。
緑化フェアのお裾分けでもらってきた多肉の中にあった
この名前分からない方。
ある朝突然首を横にクタリと傾げてしまいました。
曇天続きだったのでやたら徒長したもんだから、
背が高くなりすぎ根元が耐え切れなくなったのか?
でも一緒に植えつけた隣の寄せ植えの中のは真直ぐだぞ。




20080729-4.jpg




何を思ったか急に生きる方針を変えてみたようですが・・・




20080729-5.jpg



やっぱり勘違いだったようです。




方向音痴のワタクシが「絶対こっちだ!」と思って曲がったのに、
やっぱり違ってて慌てて元に戻ろうとしてるみたいで笑える。
で、この後この子はどっちに向かうんだろう?ハテ?


スポンサーサイト

空の顔






朝4時45分に寝ぼけた犬達に叩き起こされ、やけに明るい外を見たら
見事に朝焼けてました。夕方の空みたい。




20080729-2.jpg



で、出勤時の空。あつっ!


群馬県立歴史博物館


小学生の頃よく遊びに行った県立歴史博物館にて、
ちょいと気になる特別展が開催されており、行ってまいりました。

久しぶりだなぁ、群馬の森。


20080726-5.jpg


えへ、妖怪好きなもんで。
京極本読んでますって言えばねぇ。


今回の特別展示では月岡芳年の版画、
「新形三十六怪撰」の全作品が見られるって言うじゃありませんか!
ひゃほう♪


メインの目的に到達する前に、常設展示も一通り見て、
群馬の歴史をお勉強。
これまた久しぶりに見た岩宿原人のジオラマ。懐かしい~

私は何度見たか分からないくらい見ている常設展示ですが、
とーさんは県民になってからざっと12年、まだ未開の地。
県民たるもの一度は見ておかなくてはねぇ。二度はいいかもしれないけど。


大人になってから見ると、子供の頃とは違った見方が出来て、
チビッコの頃には興味も無かった土器とかも面白く見られて新鮮。

館内が空いているからって、いい大人が二人して
ジオラマのスイッチをぶちぶち押して「金山城の本丸点灯っ!」と
はしゃいでる姿はどうかと思いますけどね。

まいいや。誰も居なかったし~

昭和のゾーンには、昔はこうだったよねぇ!という居間の風景が
再現されており思わず感激~。
幼稚園の頃通い詰めていたおばあちゃんちそのまんま。


メインの特別展示は夏休みのチビッコも楽しめるような体験展示もありました。
カッパの変身グッズとかもあり、
チビッコ用のをとーさんが無理くり着てたのには唖然。
ピンクのカッパ全身タイツもあり、ミニマムサイズの私なら装着可能。
あのキン○ョールのCMで山瀬マミが着てたヤツです。

着ませんでしたよ。一応は大人ですから。



てっきり芳年の版画だけだと思っていたら、
あらま、思わぬところで再会しちゃった。(入館の時にもらったミニパンフより)



河鍋暁斎の暁斎百鬼画談の百鬼夜行

20080726-6.jpg

ここと、


20080726-7.jpg

ここのトコが展示されておりました。
付喪神(つくもがみ)って可愛いらしい♪
むかーし、富岡の美術館で見たはず。嬉しい誤算。


撮影禁止なので芳年の版画は写真ナス。

36枚の怪異が描かれた版画はどれも秀逸でございました。
二十四孝狐火之図(『本朝二十四孝』)の八重垣姫が
とても印象に残っております。キレイだったなぁ。


隣に建つ近代美術館のミュージアムショップには
面白いグッズがたくさんありましたよ。

二時間ゆっくり涼んでお勉強して帰宅。
トリオtheボーダー不満たらたら。君達はオフシーズンです。
たまには許してね。あはは~♪

台湾料理 芳泉

台湾料理を食べに行って来ました。
高崎の観音山に登る途中にある 『芳泉』 というお店です。



大きな地図で見る



おまかせ9品コースと、牛肉麺と、季節のジュースを注文。
スイカのジュースだそうで。さぁ来なさい!


どーん!


20080726-1.jpg

でか・・・・・

隣に写っているのが普通のお冷のグラス。スイカをそのまま飲んでるお味。
スイカ嫌いな私は味見して笑ってしまいましたけど。




20080726-2.jpg

牛肉麺キターッ!

麺はうどんのような太さで、独特の味のスープです。
飲んだことの無い味ですが、中華圏独特の香りが美味♪
セロリが入ってましたが、飲みたさの方が勝って飲んじゃった~


おまかせ9品コースは2000円です。
・お茶
・ナスとトマトの炒め物
・大根餅
・水餃子
・仙桃 (黒ごま入り桃まんじゅう)
・海老シュウマイ
・雑醤麺(ザァージャンメン)
・台湾サンド
・杏仁豆腐


全部撮影したのですが、食い気が逸ったかボケ気味。



20080726-3.jpg


ザァージャンメンと台湾サンド。
両方美味しいんだこれが!台湾サンドに挟まっている角煮が甘いんです。
麺もサッパリしていて夏はこういうのイイなぁ。




20080726-4.jpg

デザートの杏仁豆腐は濃厚なしっかりした杏仁でした。


最初から最後まで終始「ウマーっ」を連発しながらの食事。
店主の台湾人の奥様が台湾で茶芸の資格免許を持たれているらしく、
店内には茶器がたくさん置いてありました。
見ているだけでも面白い。

女性には9品コースで丁度良い量だと思いますが、
男性はもう何点か増えるコースの方が良いかと思われます。

ぜひ


夏空


20080725-1.jpg


青い空に黄色いひまわり

あづい~!



この後、金曜日の大嵐でした。
豪雨にやられ、びっちょり濡れたまま仕事。

久々のくるり~ん


初めて頼んでみた合鴨の握り


20080723-2.jpg

うまひぃ~♪




最近はどうも白身のお魚が好きになってまいりました。
スズキの握りなんてねぇ、頼まずにはいられませんよ。




20080723-1.jpg

うまひぃ~♪



ティファール来訪

ようこそいらっしゃいまし、ジャスティン♪

そんなこ洒落た名前の彼はこの子。



20080716-4.jpg



佐野のプレミアムアウトレットにティファールがオープンしたので、
初日15日の夜に攻めてまいりました。オープニングセールを狙って。
で、まんまと引っ掛かって来た次第。だって欲しかったんだもん!

カップ1杯分のお湯なんて、本当にアッという間に沸くんですね。
冬場はどっかり沸かしてポットに入れておりますが、
暑い今の時期お湯を使うのは犬達のご飯を作る時くらい。
その都度ガスコンロで沸かしていたのですが、
いつも余計に沸かしすぎちゃうし、夏場は火つけると暑くなるし、
我が家的にはティファールがイイんじゃね?と言う訳でお迎え。

どうしてメカニカル&ステンレスぴっかぴかの調理道具には
こうまでも心が揺れ動くのでしょうかね?
日々二台の圧力鍋が大活躍してるってのに、
ティファールの圧力鍋にクギ付けになっていぢくりまわしてた
ワタクシと父。格好良いかったなぁ。

例によって例のごとく他のブランドショップはスルー。
まぁ、しま●らブランドの服着てアルマーニとかに入ってもねぇ。

コールマンにすら辿り着かず、ナイキとサーフショップだけ見て撤退。
金にならない客でございます。

撮影ブース

多肉や観葉をカッコよく撮影したいなーと思い、
撮影ブースを作ってみちゃったりなんかして。



20080716-2.jpg



あらステキ。



中国雑貨店で即買いしたアレも撮ってみよう。



20080716-3.jpg



ダンボール箱に100均で買ってきたフェルト貼り付けただけですが、
それなりに見えるから不思議です。
困った時の黒バックですな。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


■本日の多肉■


20080716-1.jpg

ハムシーの花が咲きそうです。
週末出掛ける前には姿見せておくれ~


O室観察


20080710-1.jpg


休憩中



やられた!

■本日の多肉■


ぐっそーーーーーっ!

朝は何ともなく、いつも通りに綺麗な姿だった伊達法師が、
昼休み帰宅して何気に見てみたらこんな無残な姿に・・・



20080708-1.jpg


おーまいがっ!


クソいまいましい毛虫が一匹で散々食い荒らしておりました。

瞬殺、抹殺、いーや、お気に入りだった伊達法師をいたぶったからには
お前なんざ楽に昇天なんてさせてやるもんか。
薬漬けだぁーーーっ、悶絶するがよい。

見つかっても尚喰らいつき続けるバカを叩き落し、
これでもかと殺虫剤噴射。ザマミロ


可哀想な姿になってしまった伊達法師ですが、成長点は無事でした。
これからはもっと目をぎらぎら光らせていかねば。


ショッキングな出来事でしたが、
その横では大和姫が綺麗な花を咲かせて慰めてくれてます。


20080708-2.jpg


上がったり下がったり、忙しい昼休みでしたとさ。


夕焼け

20080707-1.jpg


公園から帰る途中、あまりにも綺麗な夕焼けに思わず車を止めました。
なにが綺麗って田んぼに写った所が素晴らしいではありませんか。

年に何回かしか出会えない、田舎ならではの光景です。
携帯変えておいて良かった~。
前のアホ携帯のカメラでは、この光量だと撮れなかったもの。


■本日の多肉■


20080702-2.jpg

■バイネシー■

こんなに立派になってくれてワタクシは嬉しいですよ。




遥か西から到着した直後はこんなに可愛いらしいお姿でした。


20080702-1.jpg


なんか、すっかりたくましくなっちゃったような・・・
もち肌はいずこに!


読書-41 ニッポン地下観光ガイド




【ニッポン地下観光ガイド】


地下マニアの人達って居るんですよねぇ。
身動きが取れないってのは 想像するだけで動悸がしてきちゃうので
閉所恐怖症な私には洞窟の類は無理だけど、
大きなトンネル工事や、地下貯水槽なんかは魅力的なだ~。
秘密基地っぽいじゃないですか。
入り口は小さいのに狭い階段降りたらど~ん!みたいなね。
本書の中で紹介されていた東電の発電所が県内にあるので、
機会を作って見学に行ってこようと思います。



読書-40 警官の血 上下


 

【警官の血 上・下】 佐々木譲


「このミステリーが凄い」というムックで昨年の1位を獲得していた作品。
評価されるならば読んでみましょうと思い二冊まとめて借りて来ました。
親子三代に渡る警察官としての軌跡が書かれております。
上下巻合わせて778ページで、時代の流れを感じながら読みました。
祖父・父・息子とそれぞれの警官としての生き方が魅力的なので、
一人ずつの本として、もっと増量した内容で読んでみたいです。


読書-39 山魔の如き嗤うもの




【山魔の如き嗤うもの】 三津田信三


シリーズ4作目。一人で読むには怖かったよう!
でも止められなくて週末なにも用事のない金曜の夜に
真夜中までかけて一気読みしてしまいました。
深夜3時半読了。あ、、、トイレ行きたい。
横でグースカ寝ている毛むくじゃらの三色犬を叩き起し、
一緒に行ってもらってしまいました。
分かってしまえば「な~んだ」と言う事も、
分からないままだとこうも怖く見えて来てしまうのかと
何とも言えず不気味な光景が目に浮かびました。
未だにラストの光景がビジョン化されてしまい、洞窟がおっかないです。




多肉のムシチェック


■本日の多肉■

20080701-1.jpg


銀箭(ギンゾロエ)と申します~。
小さい葉にモケモケな毛がキレイで、見た途端に即買いでした。
だのにどこから連れて来たんだか全然思い出せません。
多肉売ってる場所なんて限られているし、買ったのはここ最近だし、
何よりも買ったときの光景が喉元まで出掛かっているってのに、
そこから先が思い出せない・・・
こういうの多くて困ったもんです。嫌だわぁ~



さほど暑さを感じない夕方だったので、
庭の掃除をした後は多肉の虫チェック!

ダニはいねが~、毛虫はいねが~、ワタ虫はいねが~

と強気でにらみを効かせていたら大和姫の花に
逃走中の犯罪者をハケーン。まっちろいダニがどどん!
大きかったのでうっかり花の一部かと思ってました。
ピンセットで摘みあげプッチンの刑。抹殺。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。