【別館】 日々淡々の裏側で

【 これまた良い按配 】
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 植物育て
CATEGORY ≫ 植物育て
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

多肉植え替え


先ずはボーボー伸び放題&ぐるぐる絡みまくりだったのを整理整頓。



130308-05.jpg

とりあえず、植え替え組の第一陣をバッサリ整理。
植え替えない鉢は見てみないフリで行こう。

週末はハオ行くどー


スポンサーサイト
植物育て | Comments(0) | Trackbacks(-)

お肉達の春


巷は桜の話題で賑わっておりますが、我が家のベランダでも多肉が春を向かえております。





今年は凍らせてしまったお肉も無く、冬を乗り切る事が出来ました。



110407-04.jpg

まっ赤っかorド紫になっていたハオ達も、徐々に真ん中が緑になり始め、花芽も見えてまいりました。
引越しの時にニョロニョロ徒長してしまった葉っぱ部分は相変わらずですが、この調子ならば、
あと二年くらいで仕立て直しが出来るんじゃないかと。気の長い話だことで。



110407-05.jpg

脇芽もボッコボコ出て来ましたよ。オブ山目指してモリモリ隆起しておくれだよー



110407-06.jpg

水断ちしていた時にはシワッシワになって、こりゃー厳しくしすぎたか?アウトか?と思いましたが、
だいぶ盛り返してまいりました。さすが雑草系。



110407-07.jpg

結局ずっと外気に晒しっぱなしでしたが、溶けることなく冬越し。雪の中でも良く耐えた!!!



110407-08.jpg

はい、拍手~♪



新入りさん


先月東京で汗だくになって狩りしてきた新入りのお三方



100726-03.jpg

傷の所為か激安でした。イイのイイの、これもまた個性。
数年先にこの傷が良い目印になるってもんです。



100726-04.jpg

もうこの類が大好き♪ ペタンコに持っていけるかどうか?



100726-02.jpg

ついに来たモケモケ系 このまま紫っぽく行きたいとこ



同じ金額出すのなら、安い物を数多く買うよりも、
地元じゃ手に入らないような物を、厳選して!と心して出陣しましたが、
いざハオの前に立つと、チョロ安い物を数多く買いたくなる貧乏性が・・・

温室の中が灼熱地獄で頭がモウロウとしてくるんですものー
冷房の効いた店内で汗が引くのを待ち、再び温室に突入する事三度目で多少冷静になり、
懐具合と相談の上、地元じゃ出会え無そうな物を選んで来ました。
少しは己の購買欲をコントロール出来るようになって来たわけです。よしよし。

でもねー、何はさておき一番欲しかったオロスタキスの【富士】は
予想以上に高くて手が出ませんでした。値段の割りに小さいんだもの。
きっと別の場所での出会いがあると言う事でしょう。待ちますよー!



100726-01.jpg

梅雨でにょきにょき徒長したブルーレンズ。それでも美しい窓は健在。
一本立ってるチョビ毛がかぁいらしい♪


開花




100625-01.jpg


ジメッとした季節ですが、多肉の花が少し気分を盛り上げてくれてます。
ただ今ラック内が花盛り♪



多肉


100413-01.jpg

春の植え替え完了


実家に仮住まいさせてもらうにあたり、大きなプランターに共同で植わっててもらった多肉達を、ようやく個々の鉢に植え替えてあげられました。これは新種ですか?と思うくらい奇妙な形に徒長してしまった部分をスッパリ切り詰めて補正。ボッサボサに増殖してたけど、だいぶ隙間が出来て気分も晴々~。
簡易温室のビニール覆いも撤収。明日辺り再び真冬の気温になるよとラジオから聞こえてきたけど、早まったかな?

一つ鉢を割ってしまいました。もうこれは植え替えしなくてもいいか~と思ってた鉢だったのに、何を思ったか、突然最上段から身投げ・・・。新しい鉢にしてくれよ!という多肉の直訴だったのか?

洗濯物も布団も干さなきゃならないベランダなので、しばらくは少数精鋭で行こうと思います。でもあと少しなら増やしても平気かしらん♪

多肉近況


実家に仮住まいさせてもらっていた時に、置き場の事を考え、
プランター寄席植えにして乗り切った多肉達。
とりあえず春の植え替え期までは、そのまま押しくらまんじゅうで放置中。

小さいビニルハウスの中にて、ベランダで冬越しをしております。
もちろんヒーターなんぞナシ。頑張れるだけ頑張ってくれ作戦。
生き残れる精鋭組みになれるか否かは、多肉まかせ。

雪が降った夜もそのまま。
たいした積雪にもならない我が地方で一番冷え込むのは翌日朝です。
今朝はちょっとドキドキしながらビニールをめくりました。
一個くらいはグッタリしてるのではあるまいか?



100202-01.jpg



みな無事のようです



100202-02.jpg



1月末日に軽く水くれしちゃったので、ヤベーと思っていたのですが、
熊さん元気にパツンパツン♪



100202-04.jpg



プリンセスドレスは実家引越しの際、二週間ほどダンボール箱の中で、
真っ暗闇にされていたにも関わらず、全く徒長せずにいてくれたありがたい存在。
他の植物達は原型が思い出せないくらい、『暗闇で育ったウド』状態に変貌していたのに、
色素がちょっと薄くなった程度で速攻快復してくれたプリンセス。
ありがちな普及種ですが、丈夫でキレイでエエ子。



100202-03.jpg


12月頭からハオの団体様だけは水切りしてますが、花芽がぞくぞく上がって来ています。
極寒期もあと少し。凍結しないで頑張っておくれだよー


徒長したけど元気な多肉


我が家の多肉達、絶賛ノビノビのびまくり~


091121-01.jpg
ブルーレンズ



引越しの際、間借り人としては鉢植えを置くのも憚られるので、居住スペースが落ち着くまでは引っこ抜いた多肉達を新聞紙にくるみ、暗いダンボール箱の中で待ってて頂きました。2週間陽光に当たらず過ごしていた多肉達は、それはもう妖怪の様な姿になり、デロ~ンと白っちゃけて、僅かな光に向けて伸び放題。暗闇で育てられたウドみたくなっていて、箱から出した時には笑うしかなかった多肉達。



091121-02.jpg
達磨オブ



現在はプランターに寄せ植えして、ベランダでバチバチ太陽に当たって快復中。もうちょっとしたら、また一鉢ずつにしてあげるからねー。徒長しまくった部分はどうしましょうかねぇ。形を整えなおすべく伸びちゃった部分を毟るという手もあるけど、あの過酷なダンボールハウス放置プレーの中でも枯れずに踏ん張ってくれてただけに、何だかそれも忍びないな・・・



091121-03.jpg
アロエ



さてさて、どうやって美しい形に戻しましょうか。

多肉の紅葉




朝晩グッと冷え込むようになりました。ベランダでも紅葉が繰り広げられております。



091109-01.jpg


091109-02.jpg


091109-03.jpg


091109-04.jpg


091109-05.jpg


ボーっと眺めては幸せな気分になる朝。


多肉-オーロラ


091015-02.jpg


いよいよ紅葉の季節到来で、毎朝ベランダを覗くのが楽しいです。
どれも少しずつ紅葉を始めております。うふ♪


が、そんな中でひっそりと赤い星が溶けておりました・・・Σ(T□T)
先っぽだけ救出したけど、再生は難しいだろうなぁ。


種から育てるアボガド



アボガドを食べた後、フと思い立って水栽培を開始。
発根を確認したのが2週間後くらいだったでしょうか。
土に植えて、一週間ほど前に芽が出たよなんて騒いでいたのが、
アッと言う間にここまでに。


090723-2.jpg


もう立派な観葉植物です。
実は出来ないけど、観賞用に頑張ってもらいます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。